novel

 

gunnzou

海の絵

集英社 すばる2015年9月号掲載(2015.09)

朝日病院にかかっている一枚のリトグラフ。それをみている七恵と描かれている1959年の少女あかり。ふたりの女性の物語が海によって共振していきます。もう一人の主人公は海、埋め立て地。ひととき海の魔法にかかってくださいませ。

 

ご購入はこちら→

 

 

 

 

 

gunnzou

随筆

”犬飼いは社会化される”

講談社 群像2015年4月号掲載(2015.04)

ブログでご存知の方もいらしゃいますでしょうか。2014年4月より犬を飼い始めました。そこで物思うあれこれ。

 

ご購入はこちら→

 

 

 

 

 

ぐるぐる登山

ぐるぐる登山

中央公論新社(2014.11)

「ケンゲン」のあるアラサー四人の幼馴染が登山に行きますが、顕現とはなんぞや?マイノリティーの寓話でもある六話のオムニバスです。

 

ご購入はこちら→

 

 

 

 

 

 

 

すばる 2014年 02月号 [雑誌]

惑星直列の夕餉

集英社 すばる2014年6月号掲載(2014.06)

惑星直列のある日、「わたし」は夫のためにビーフシチューを作ります。「わたし」の過去も未来も惑星直列のように瞬間の中にひとつになって。

 

ご購入はこちら→

 

 

 

 

 

 

すばる 2014年 02月号 [雑誌]

エッセイ

”きらきらキューティクルの罠”

集英社 すばる2014年2月号掲載(2014.01)

ほんの短いエッセイです。きらきらキューティクルに隠された、日本という国の罠(?)とは。

 

ご購入はこちら→

 

 

 

 

 

すばる 2013年 09月号 [雑誌]

六月の尻尾

集英社 すばる2013年9月号掲載(2013.08)

弱小美大予備校講師をしている琴江。琴江の片想いと、琴江に想いを寄せる変な男オカちゃん。果たしてこの痛い恋に出口はあるのでしょうか。

 

ご購入はこちら→

 

 

 

 

 

 

黄金の庭黄金の庭

集英社(2013.02)

黄金町に越してきた青奈と那津男。アーちゃんという謎の少年。ちょっと毎日に疲れたら黄金町にいらっしゃいませ。第36回すばる文学賞を授賞いたしました。

ご購入はこちら→

 

 

 

 

 

 

 

ミルククラブでの連載

中央酪農会議の季刊フリーペーパーに掲載(2012〜)

一回ごとの交代で読み切りの ショートショートの連載をさせていただいております。リンクからネットでも読めますが、全国のイトーヨーカ堂、ダイエー、すかいらーくグループ(バーミヤ ン、ガスト、ジョナサン)の入り口の フリーペーパーの棚、図書館などでも配布しております。ネットではバックナンバーも読めます。イラストもわたし。是非ご一読を。

こちらから読めます→