大橋トリオNHKコンサート

去年の暮れにトリオさん、文化村でのライブにいってきましたが、その際、NHKホールでのコンサートの先行発売が会場であり、ライブ終了後、走って買ったわけですが、それからもう半年。早いものです。暮れにはずうっと先だと思っていましたが。

トリオさん、暮れのコンサートはクリスマスを意識しておりまして、ビッグバンド構成でしたが、今回は人気のある曲をやるなど、とても入りやすいライブだったと思います。まだトリオさん、二度目ですが、曲の間に鳥の鳴き声があちこちできこえる。てっきり、放送だと思っていたのですが、なんと、会場のみなさんで鳥の声のするなにかで音を出しているそうな。事実を昨日しってびっくりしました。だから音が立体的だったんだ!と納得しました。

おしゃれなトリオさん、舞台美術も素晴らしい。ライトの使い方とか、もう鳥肌ものです。服装ですが、最初はスーツっぽい感じでしたが、次はストライブのつなぎ、最後は販促なのか、どこかのブランドとコラボしてる長シャツでした。いつもながら帽子もかわいい。足元が素足なのがおばさんは気になっちゃうんですけどね。笑

ライブではついドラムの神谷くんに目がいっちゃいます。素晴らしいんですよ。身体全体で、全身全霊でドラムを叩いている!という感じ。クールな感じのトリオさんですが、実は神谷くんのようなパッションがあるのでしょうね。だから仲良しさんなんだろうなと思いました。ライブだとCDと違うアレンジにしてあったりするのも楽しみです。トリオさんはそのあたりはお手のものですから、とてもよかった。最後は「生まれた日」ピアノの弾き語りはいつもの流れなのでしょうか。これもじんときまして、いいライブだったな、と会場を後にできました。

トリオさんの曲は詩はいつも奥さんだそうですが、とてもわかりやすい言葉で的確に状況を描いているところにいつも感心します。音楽の言葉と文学の言葉は違うんだな、なんてことを考えました。いいライブでした。