ラーメンとお彼岸

先週はお彼岸でしたね。家の中にいてばかりで気分転換がちっともはかれないのですが、お彼岸にかこつけて、外出しました。

夫の方のお彼岸を日曜日にいったのですが、この日は晴れていたのでよかった。じつのところ、お骨になってしまった義父に会いに毎週夫の実家にいっていたのですが、ついにこのブログをアップする日曜日に納骨となり、夫の実家へいく都合がなくなる。お彼岸のことを我々はすっかり忘れていて、では最後の訪問ではアルバムの写真を剥がすことにしようなんて話していたところのお彼岸。その前に訪問したのが、わたしのほぼ最後の訪問となってしまった。夫は義兄と用事があるときなど、実家で落ち合うようなので、これからも度々いくようですが、わたしは家を片付けるとき以外、ほとんどいく機会はないだろうな。

前の実家訪問のついでに、ずっとバスの窓からみていて気になっていたラーメン屋さんにいけたのはよかったです。夫の実家へは、都合十年通ったことになりますが、バスでむかう道中、行列のたえないラーメン屋さんがありまして、こんなに行列がたえないのだからすごくおいしいに違いない、いつか行こうと、十年の間ずっと夫と話してまして、それをやっと実現したというわけです。

ラーメン通には有名な寿々㐂屋さんというお店ですが、並ぶこと十分ほどで食べたラーメンは家系ラーメンで豚骨でした。すっきりとしたスープは滋味深い。しかし十年も思いつめていたので、想像とはちょっと違ったな。ニンニクと豆板醤で味変したら、すごくおいしかったですけど。

そんなわけで、あやうく失念しそうだったお彼岸ですが、お墓まいりってそんなに嫌いじゃないんですよね。病院もなぜか嫌いではないわたし。雨のお墓まいりは嫌ですけど、晴れていたし、夫の方のお墓は元町にも近く、お墓まいりのあとの散歩、買い物、ランチが楽しみで。笑

ランチを取ろうにも、墓場の近くにはろくな店がないので、元町まで歩くのですが、その道中、大きな邸宅がたくさん並んでいて、それをみつつ、夫とおしゃべりしながら歩くのも楽しい。おなじようなことを以前こちらで、書いた記憶がありますが・・・。で、「ボクのワタシの」という陶芸のお店で器を買うのも楽しみのひとつ。今回はちょっと奮発して、お皿3つに、中丼ひとつ、それに箸置きを買いました。なにしろとても手頃で、いつもついつい買いすぎてしまいます。ネットでもときどき作家ものの器を探しますけど、やはり実際に手に取らないとわからないことも多いですよね。で、お店の方においしいランチのお店をうかがい、ランチにお酒もつけて、ほろ酔いで帰宅。毎月お彼岸があったらいいのにな。笑

コロナ騒ぎで、なかなか外出もままなりませんが、今週近所にピクニックくらいは出かけようかと。いま桜がきれいですからね。皆様も、工夫して気分転換をはかってくださいませ。散歩はお金もかかりませんし、コロナの心配もあまりないので、いいのでは!とはいえ、早く収束してほしいですね・・・。