パソコンのアップグレード

長年Macユーザーで、かれこれ20年以上になるでしょうか。昔はパソコン関係のことはやたらと面倒臭く、それなりに詳しくないと使えないところもあった。その頃は聞く人もいなかったので、自力で学習し、自力でIllustratorなどを使えるようになった。それは今でも財産ですが、しかし時が経ち、Macも随分扱いが簡単になった。それと反比例するように、わたしは歳をとりパソコン学習の意欲をすっかり失い、もはや新しい技術にはついていけませぬ。とはいうものの、パソコンなしで生活はままならず、創作もパソコンですし、日常的に使っております。その際、色々アラートが出ていたのですが、それを無視していたら、色々と大変なことになり、古いバージョンのままだったOSをアップグレードする運びとなりました。

そもそもなぜOSを古いままにしていたかといえば、CS5が使えなくなるということが大きかったんですね。しかし、荒技を使えば使えないこともないらしいということがわかり、ついにOSをアップグレードしたというわけです。まあ、色々バグが出ることは覚悟の上ということですが、そんなにハードに使っているわけでもないし、まあ騙し騙し使おうかという判断になりました。

実のところ、いま使っているマシンはなんと約10年も使ってるのでした。それくらい普通なのか、それとも驚異的に丈夫なのか。身の回りにMacのハードユーザーがいないのでよくわかりません。まあ今回のupgradeがギリギリでしょうなあ。次に何かあったら、買い替えは確実。しかしこのマシンが丈夫なのは、一度リコールがあって、マザーボードを無償で取り替えてもらっているせいもあるのではないかと。それと、動画など、メモリを食う仕事もしてないし、マシンの能力を遺憾無く発揮しているとは言い難い環境も長生きの理由かもしれません。

とはいえ、昔に比べれば技術の進歩もある程度落ちついたのかもしれません。その前の10年とこの10年では、Macの外観も中身もそれほど大きく変わってませんし。ハードウエアの部分では10年くらいは持つようになったのでしょうね。まあ持つことは持つんでしょうけど、速さは全くダメですね。古いマシンに新しいOSなので、前に比べてもかなり遅くなりました。それでも昔々に比べればそこそこといえますし、我慢できちゃうんですよね。買い替えたいのは山々なれど、諸事情から現状維持がしばらく続くかと・・・。問題はCS5だけなんですよね。この問題さえクリアになれば、買い換えたい気持ち満載!